デザイン制作会社キャット

フォントの選び方!社内報のデザイン作成|制作会社キャット|東京
社内報デザイン作成のヒントを掲載

ホームspace会社情報spaceデザイン制作space求人情報spaceお問い合わせ
space

社内報デザイン作成の
ヒント


 

 

フォント(書体)の選び方を検討
読みやすい社内報デザイン作成を考える!

社内報の印象を変えることも文字使い

「読みやすい」文章や文字は社内報を作成で重要な要素になります。まずは、フォントの選びかた・使い方を考えていきたいと思います。

フォントの種類には大きく分けて「ゴシック体」と「明朝体」に分けることができます。欧文フォントでは「サンセリフ体」(ゴシック体)と「セリフ体」(明朝体)になります。ゴシック体は線幅は均一、明朝体は曲がり角が三角形にはねています。一般的に文字量が多くなる頁では本文は明朝体にし、見出しやタイトルはゴシック体にすることが多いようです。フォントの線の太さにもよりますが、手書き文字に近い、細めの線の明朝体にすることでストレスなく読みすすめる効果が期待できます。逆に太めのゴシック体で見出し処理をすることで存在感をまし一目でわかる効果を期待できます。

フォントの選択だけではなく文字間、行間、色使いなどを検討することで、社内報の企画内容に沿った読者に伝わりやすい社内報作成が近づくかもしれません。


 

   

デザイン実績をご覧ください

   

社内報デザイン作成の
ヒント

・文末表現を選別

・客観的な視点で文章作成

・季節を感じる社内報夏号の企画

・一体感を演出する社内報夏号の企画   

・写真を変えて伝わる新入社員紹介   

・印象に残る新入社員紹介!

・見出し本文のフォント選択方法!    

・社内報のフォント選択!

・社内報秋号の企画作成のヒント!

・テーマを設定した秋号の企画作成

・状況に応じた社内報の企画

・社内報の制作スケジュールの目安!

・社内報新年春号の企画作成

・読者視点の社内報デザイン作成を考える!

・社内報作成のコミュニケーション向上効果を考える!

・別冊社内報の発行タイミングを考える!

・社内報タイトル作成のヒント

・社内報新年号、企画案のヒント

デザインのヒント 

・見やすいフォントの選び方を考える

・伝わるわザインレイアウトを考える

space