フォントの使い方を紹介!デザイン制作会社キャット、東京都中央区築地。
|デザイン|コピーライティング|プランニング|プリンティング|

ホームspace会社情報spaceデザイン制作space求人情報spaceお問い合わせ
space

カタログデザインの
ヒント


 

 

見やすい読みやすいフォントの選び方を考える!

フォントの選択ひとつで理解度も変わる!

デザイナーはたくさんのフォントを所有しています。長文で読みやすいフォントもあれば読みにくいフォントもあります。タイトルに向いてる目に入るフォントもあります。フォントの使い方を間違えると、伝わりにくいカタログや社内報になってしまいます。読みやすさつたわりさすさを高めることを意識して、もっとも効果的な書体を選ぶ必要があります。といっても難しいことなので、デザイナーに相談する事をおすすめします。書体の選び方はいろいろあります、ここではポイントを絞って書体を選ぶ基準を紹介します。

●読み疲れのしない本文に向くフォントか?

●目に入るインパクトのる見出しに向くフォントか?

●的確に伝わるユニバーサルデザインフォントか?

視覚情報の多くは、文字によって伝達されます。たとえ内容が正確でも、わかりにくいフォントづかいや表記では、伝わりにくくなります。ユーザーにすばやく、正しく伝わる配慮が必要です。フォントの選び方で内容の伝わりやすさや理解度は変わるかもしれません。

 

 

   

デザイン実績をご覧ください

   

社内報デザイン作成の
ヒント

・文末表現を選別

・客観的な視点で文章作成

・季節を感じる社内報夏号の企画

・一体感を演出する社内報夏号の企画   

・写真を変えて伝わる新入社員紹介   

・印象に残る新入社員紹介!

・見出し本文のフォント選択方法!    

・社内報のフォント選択!

・社内報秋号の企画作成のヒント!

・テーマを設定した秋号の企画作成

・状況に応じた社内報の企画

・社内報の制作スケジュールの目安!

・社内報新年春号の企画作成

・読者視点の社内報デザイン作成を考える!

・社内報作成のコミュニケーション向上効果を考える!

・別冊社内報の発行タイミングを考える!

・社内報タイトル作成のヒント

・社内報新年号、企画案のヒント

デザインのヒント 

・見やすいフォントの選び方を考える

・伝わるわザインレイアウトを考える

space